明日葉が好む環境

明日葉が好む環境

明日葉は、温暖な気候を好み、生育適温は、20℃前後になります。
明日葉は、春と秋が生長の最盛期になり、高温期(8月前後)や低温期(1月前後)では生育が遅くなります。

明日葉の自生地八丈島の気候は、暖流である黒潮の影響を受け、八丈島の年間平均気温は18℃前後となります。
そのため夏期は比較的涼しく、冬期は比較的温かく、寒暖差が小さいため、八丈島は「常春の島」とも言われています。
また、八丈島の天気は、年間を通して風が強く、雨が多いのが特徴です。

明日葉が好む環境

2020年5月25日13時頃に撮影。
明日葉農家の仲間が、2018年の春に明日葉を栽培していた場所です。

以前、黄枠にも明日葉が生育していました。
現在、明日葉は、抽苔や夏期の強い日照条件などで枯れたものがあるため、ほとんど無くなっています。
一方、現在も赤枠は、明日葉が生息しています。

明日葉は、半日陰を好み、夏期の強い日差しを遮光できる場所を住処としています。

明日葉が好む環境

明日葉が好む環境

インスタグラム@ashitabahime
八丈島へ移住し、八丈富士の麓で明日葉を栽培しています。